T.Hayashi's Diary | 掲示板 | ML案内 | リンク | Yahoo! | 自作ソフト紹介 | 自己紹介
マウスコンピューター/G-Tune
日記
バイク・オートバイ
PC
クルマ
交通取締
ダイエット・健康
食べ歩き・うどん
映画・音楽・漫画

携帯電話版


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社


Exchange2000,ローカルSMTPサーバから送信できない件,なんとか解決 (2003/01/15 01:21)

(誤記があったので修正:2003/7/21)

 今夜は早く眠ろうかと思ったが,ローカルSMTPサーバからExchange2000へメールを送れない件が気になって,調査再開。

 マイクロソフトのサイトを検索したり,googleを検索したり,users.gr.jpのサイトを検索したりしては,設定を見直しの繰り返し。

 まず,nslookupでMXレコードの設定を確認したら,正しく設定されていないことに気が付いた。

 「dc1sshines.jp」などと表示されている。だめだこりゃ。親ドメイン設定をそのまま使うときは空欄のままで良いのね。

 自分宛にメール送信 → 届かず → 設定変更 → また送信 を50回ほど繰り返して見るが駄目。メッセージ系のソフトは不具合の原因をつかみにくい。試すことも一杯あるが,どれが何やら。

 配信エラーメッセージをよく読むと,「Unable to deliver message to 〜」とある。Exchange2000側でエラーになるのなら「Unable to relay for 〜」と出るらしいから,微妙に違う。

 ヘッダを良く見ると,ローカルSMTPサーバ内で停まっているみたい。そういや送信キューにも未送信メールが山ほど溜まっていたっけ。

 技術情報検索の矛先を,IISのオマケである,ローカルSMTPサーバに切り替えて検索したら,それっぽい情報が出てきた。

[HOW TO] Microsoft SMTP サービスのローカル ドメインの構成方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;303537

 エクスチェンジサーバの名称は「dc1.shines.jp」 。引き受けるメールのドメイン名は「***@shines.jp」。

 ローカルSMTPサーバの名称は「xelvis.shines.jp」。間違いが無い様に再登録…。おお,送れた! わ〜い!

 ダムの水門を開けたかのように,溜まっていたメールがどどっと送られてきた。

 送信できない原因はなんだったのか? きっと,ローカルSMTPサーバのドメイン名設定を「shines.jp」にしていたからだろう。送信する前に,もう自分の所に届いている様になっていたのかな。


 これでやっとこさ,試験というか評価というか,お勉強できるねえ。貴重な経費を使って,VisualStudio.Net の Enterprise Architectを買った訳だし。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000062TE2/aaaieaaa-22

 せっかく,評価版のExchangeが付いてきたのだから,普通に使いこなせるようになりたいねえ。そうでないと本番用に買いたいとも言えない。




[←前の日記]  [次の日記→]
[←前のページ]  [次のページ→]

2003/01/15 01:21: Exchange2000,ローカルSMTPサーバから送信できない件,なんとか解決 ←(参照中)
2003/01/14 00:09: Exchange2000,評価開始にやっとこさ漕ぎ付けた…?
2003/01/13 02:21: ソフトウエアRAIDで,サーバのディスクをミラー化
2003/01/11 03:04: exchange2000,難しいなあ
2003/01/09 02:18: winアプリとwebアプリでDB操作クラスを共用
2003/01/07 01:43: VisualStudio.Net でルートにwebアプリを作成できない
2003/01/05 02:09: DNSをBIND4からwindows2000標準版に置換
2003/01/04 16:13: IISで拡張子がaspxのページが表示されない。IISマッピングを修復
2003/01/04 02:01: タブレット:メモリ増設,マルチモニタのテスト,開発環境設定
2003/01/02 04:44: ADO.NETで苦戦中

Page : 1; 2; 3; 4; 5; 6; 7; 8; 9; 10; 11; 12; 13; 14;


ドメイン名をローカルDNS設定に合わせる






画面上へ 
当サイトの内容は全てフィクションです。内容に関して一切の責任を負いません。
当サイトに掲載の文章・写真の無断転載/著作権法に定められた範囲を超える引用を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ブログ  楽天 ライブドア エキサイト goo はてなダイアリー