T.Hayashi's Diary | 掲示板 | ML案内 | リンク | Yahoo! | 自作ソフト紹介 | 自己紹介
マウスコンピューター/G-Tune
日記
バイク・オートバイ
PC
クルマ
交通取締
ダイエット・健康
食べ歩き・うどん
映画・音楽・漫画

携帯電話版

カワサキ
ZZ−R1100

パーツ交換

ホンダ
ゼルビス
1991〜2001

パーツ交換

カワサキ
ZXR400


バイクに乗っているところ

交通事故

大型二輪免許取得

大型二輪免許取得メモ




大型二輪試験メモ:香川県

書いた日:平成7年11月4日


はじめに

 平成7年11月1日にやっと限定解除できました。
2ヶ月に一度,試験を受けに行くペースで通算7回目,
挑戦し始めてから約1年もかかりました。
むっちゃ時間かかったよなぁ〜と我ながらに呆れてしまいます。

いまから大胆にも,香川で限定解除するのに役に立ちそうな事を
これから受験する人の参考の為に書こうとしています。
なにせ合格してからまだ3日しか経っていません。
今のウチにまとめておけば,誰かに質問されても,
また取り直さないといけなくなっても役に立つだろってね・・・。


受験概略

1.持ち物を準備
  ・免許証
  ・鉛筆&消しゴム(書類を書くために必要,忘れたら買いに行かされる)
  ・試験費用
    技能試験代   2700円
    試験車両貸出代 1000円
    計       3700円
  ・バイクに乗る為の装備
    メット(ジェットタイプが軽いからオススメ)
    グローブ
    長袖ジャンバー
    長ズボン
    ブーツ又はスポーツタイプのシューズ
    雨具も有れば安心(試験は雨天決行)
  ・コース図
    免許センターに入ったところの正面に有る収入印紙売場で売っています。300円ぐらいだったかな。3コースとも覚えてりゃ必要ありません。

2.免許センターへ行く
  場所:香川県高松市郷東町587−138 香川県警察運転免許センター
     tel 0878−33−2111
  日付:毎月,第1・3水曜日
    (これが辛かった。平日に休みなんか取れるかって〜の!)
  時刻:8:30〜9:00までが受付時間

3.受付を済ませる(書類作成,事前審査)

4.学科教室に入り,くじを引いて試験順番を決める。ここでどの試験コースを使って試験を実施するかを教えてくれる。どのコースが使われるかはサイコロで決めているらしい。だからコースを1つだけ覚えてのバクチは悲惨な目に遭うかも。

5.試験を受ける

6.待合室で合格発表。不合格の場合は悪かった所を教えてくれる。合格の場合は免許証の裏に「限定解除」のスタンプを押してくれる。実際に「自二車は中型二輪に限る」の文字が消えるのは次回の免許更新時だそうです。


どうして限定解除するんだろ?

 人によって色々な理由が有るんでしょうよね。適当に聞いたところでは…
  ・ハーレーをカスタムしまくって目立ちまくり!
  ・GSX−Rで250km/hクルージングよ!
  ・カタナ買ってポルシェとバトルじゃぁ!!!(←キリンの読み過ぎや)
  ・BMWでロングツーリング三昧の日々を!
  ・とにかくXJRに乗りたいんじゃぁ!
  ・あいつに取れて,この俺様に取れん訳が無い!
  ・もうZZ−Rを注文しちゃった。後には引けん!
  ・チームの中で持ってないのウチだけやもん!

 皆さん,ある種のイキオイみたいなものが感じられたりして面白い。


講習会について

 県の安全協会が毎月の第1・2土曜日の2日間に渡り,免許センターで「ベストライダースクール」って講習会を開いています。この講習会を受けると…
  ・限定解除試験での事前審査は免除
  ・大型2輪の練習をするときの付添人は不要
  …って特典があります。

 大型2輪免許を持っていて,かつ毎回の練習に付き合ってくれる知人がいない人は,この講習を受けないと試験コースでの練習すらやらせてくれない様な仕組みになっているんです。
 この講習で,限定解除試験を受けるために知っておかなければならない最低限のことを教えてくれます。費用は15000円ほど必要ですが,香川県で限定解除するには必須の講習であろうと思います。5〜6回ほど試験を受けて学ぶ事と同様の効果はありそうです。インストラクターによる試験コース実走デモは網膜に焼き付けておきましょ。
 この講習を受けるには,免許センターの3階へ行きます。階段を上がってすぐの部屋で受け付けています。ここの連絡先電話番号は,0878−81−1369です。
 実際に講習が行われるのは毎月の第1・2土曜日です。


試験コースでの練習

 2輪(大中小)の試験が有る時を除いて,8時から16時まで,1時間3700円で試験車両とコースを貸してくれます。但し,既に大型2輪免許を取得している人の付き添いが必要です(そんな便利な知り合いや居るもんか〜!)。
 試験前の土日は込み合いますんで,事前に予約を入れておけば確実。予約は免許センターの車庫(tel 0878−81−4026)へ電話をかけるか,直接に車庫へ行って話を付けるテもあります。
 車庫のおじさんには試験に落ちた時は励ましてくれたりして,いろいろとお世話になっちゃった。合格してお礼に行った時,心の底から「ありがと〜」と言えたのは実に久しぶりだった。


試験車両

 ヤマハのFZX750が10台ほど用意されています。乗りやすいんだけどウインカー警告灯がタンクに付いているのでフルフェイスのメットだとアゴ部が邪魔で見えまへん。ウインカーそのものも,フロントブレーキのオイル入れみたいなのが邪魔して見えまへん。なんとかせいヤマハ!。わたしゃ試験用にジェットタイプのメットを買ってしまいました。

 チョークレバーがタンクの下にあるので,チョークON/OFFの確認を忘れがちになります。冬場は要注意!。アイドリングが2000rpmぐらいになっちゃってクランクを飛び出した事が有りまして,すんげぇ恥ずかしかった。コースを外れりゃその場で「帰ってこ〜い」と無常な案内放送が鳴り響きます。

 また,10台も有れば同形のバイクでもクセが違ってきます。一番ガタがきているのが7号車。アイドリングが少々弱く安定しない癖があり,他の車よりわずかにアクセルを開けて神経質にコントロールする必要があります。アクセルを開けていない状態で走る時には注意です。

 4号車は,雨天時の急制動試験で大クラッシュしたそうで,左へ切れ込むクセがついてました。文句言ってきましたからもう直ってるとは思いますが。

 クラッチ・ブレーキ前後・アクセル・シフトレバーの感触は全車微妙に違いますから,試験開始時後のしばらくは慎重に感触を探りましょ。

 FZXの車重は200kg,センタースタンド掛けも中型バイクの様に腕の力だけではうまく掛けれませんでした。スタンドに体重を掛けてテコの原理で掛けるのですが,バイクが斜めになっているとうまく体重が乗りません。バイクを起こしてセンタースタンドが地面と平行に接地しているとスムースにかかります。
 あと背の高い人にはあんまり関係ない話ですが,車両によってはセンタースタンドの動きが渋くて外せないという場合が有りました(私の身長は163cm,力も非力)。こういう場合は一気に押すんじゃなくてフロントが浮き上がるぐらいに引いてから押せば,反動で楽に外れます。

 FZXは私にとって非常に思い入れの深いバイクとなりました。とても良いバイクだと思いますが,辛い思い出が一杯だからあと30年は乗りたくないや。


効果的な練習方法

 とにかく集中!。基本を完璧に!。乗車姿勢と膝と目線を意識して…なんてバイク雑誌には毎月の様に書かれてますが,なかなかうまくチェックできないんですよね。
 私が試したので一番効果が有ったのは,練習しているところを友達にビデオで録画してもらった事。
 自宅に戻って自分の姿をチェックすりゃ「誰やコイツ!?!?」と思わず我が眼を疑った。
 自分では完璧だと思ってた安全確認や波状路の姿勢はボロボロ。何処でフラついているかも一目瞭然。自分の眼で他人を見る様にチェックできるのは便利です。
 また練習の参考として,第2土曜日に免許センター2輪コースへ行きましょう。ベストライダースクールの第2段階講習を見学できます。ここで教官ドノの走りをチェックして,自分の走りと何処が違うのかを確認できます。


試験に集中!

 私の場合,試験の雰囲気に馴れるまでに2〜3回ぐらいかかってしまいました。独特の緊張感にあふれた空間です。

 一発で合格したを一度だけ見たのですが,「緊張せんかった?」って聞いたら「レースやってたから。あのスタートの時に比べりゃ可愛いもんよ」とか言ってました。いろんな場数を踏んでる人は心臓強いわ。

 私の場合は試験開始時に試験官に向かって「よろしくおねがいしまーす」とでっかい声で言うのを6回目から始めました。でかい声出すと緊張がほぐれるんですよね。少し位は心証がよくなるかも。


試験での走行

 ここから試験での走行について色々と書きます。
 書いてある事の大部分はベストライダースクールで教えてくれた事。
ベストライダースクールを受けないで試験を受ける方には参考になるかも。


一本橋

 フラつかない様に勢いを軽く付けて上がり,そのままゆるやかにリアブレーキを使って減速してタイムを稼ぐ。アクセルはなるべくアイドリングのまま。フロントブレーキは使わない。目線はまっすぐ前,下を見ない。乗ってる時間が10秒未満だと減点されちゃう。
 1速ニュートラルでそのまま行けば9秒ぐらい。あと1秒は,リアブレーキをゆるやかに踏んで時間を稼ぐ。FZXのエンジンはトルクたっぷりだから,優しく踏めば,少々強めでもエンストしない。大雑把に操作してバランスを崩すのが危ない。落ちそうになったらハンドルを細かく左右に切ってバランスを回復させましょ。
 また,落ちたら即に試験中止ですから,調子が悪い時や強風が吹き荒れる時は9秒で通過して減点覚悟で行きゃ合格の可能性が残されます。


波状路

 試験中で唯一,立ち姿勢で通る課題。ゆっくりと一つ一つ障害を越える訳ですが,少しでもハンドルが切れてると障害を越えた時にバランスが崩れる。悪くすりゃ足つき。最悪エンスト。

 コツは目線かな。顔を前へ向けてバランスを保つのに専念し,障害の位置はステップから伝わる感覚で得ると。

 フロントが障害を越える時はまっすぐに通過するのに専念。リアが障害を越える時は半クラッチ&アクセルちょい開けでエンストを防ぐ。

 あと3コースの場合で,せっかくうまく通過したのに気が抜けてしまったのか,8の字に入る手前の安全確認を忘れてしまっている人が多かった。


急制動

 なるべく早めに45km/hぐらいまで加速して制動開始に備える。
 フロントブレーキレバーを握るのはパイロンを過ぎてから。ギアは2速。後はロックしない様にじわじわとエンジンを止めるつもりでフロントとリアブレーキを同時に掛ける。リアはロックしやすいから気持ちだけ。
 こころもち体重をリアタイヤへかけるようにすると車体が安定するかな。
 そして,グイグイとブレーキを強く掛けていってエンスト寸前でクラッチ切ればOK。ここだけはエンストしても減点されないから気を楽にして。

 1・3コースの場合は急制動終了後に右進路変更を行わないといけませんが,この時に右安全確認を忘れがちになります。

 晴れている日だけに使えるのですが,パイロン過ぎてから1速に入れてエンジンブレーキを強力に効かせると,かなり早く停まれます。既に1速に入ってますから発進もスムース。でも,雨の日でこれをやるとリアが滑りそうになったりして。


クランク

 最初は道なりに走ろうとして,曲がり切れなくて脱輪したりしたもんで。
 短いS字カーブだと思い込んで道幅を一杯に使って走ろう。
 目線を一つ先のカーブに置いてスムースに行こう。
 注意すべきは2コースの坂道を降りてすぐのクランク。坂道での勢いをしっかり殺してから入りましょ。


坂道発進

 普段バイクに乗っている人ならなんてことない課題だけど,大型は中型に比べてクラッチ重たいから,気を抜くと坂道をズルズルと落ちていく…訳無いか。
 1・3コースの坂道発進直後に右折するところで,安全確認を忘れない様に。


8の字

 2速アイドリング。目線は出口。試験には関係ないけど練習走行時には,8の字で他の練習者とカチ合う場合がありました。
 進入する前には十分に確認を。


踏み切り

 エンストしない様に越えるだけ。簡単だけどこの後の左カーブで大回りしたりバランス崩さない様に注意。
 ここはわずかに下りになっているから他の場所より勢いがついちゃう。しっかり減速してから安全確認→左折。


四輪コース

加速→減速→進路変更→安全確認→曲がる→加速の繰り返し。

しっかり加速してちゃんと減速してメリハリつけましょう。ここをのんびり走ってると,他を完璧にこなしても「元気が無い」とか「中型でいいんじゃない」とか言って落とされたりして。

それなりにアクセルを開け,かつ丁寧に。
進路変更でセンターラインへ寄せる時もギリギリまで寄せて,コントロールできている事をアピール。でもはみ出したら大減点なので注意。


右進路変更

 最後まで試験官に難癖つけられたのがコレ。遅れてもダメ,速すぎてもダメ。各ポイントの丁度良いところで,1:右ウインカ点灯→2:3秒待ち→3:右横安全確認→4:進路変更と。

 ベストライダースクールの教官の走りをコピーするのと,試験官のアドバイスを納得できるまで聞いて,出来ていないところをひとつひとつ,消していこう。


使用ギヤ

 1速と2速のみで行きました。人によっては外周で3速を使う人も居ます。FXZの2速は気をつけないとちょっと触れただけでニュートラルに入る場合があります。


コース1のポイント

 試験の後半,外周から帰ってきて,スラローム→左折→交差点進入→右折→左折→クランクの所でしょうか。 まともにやると,

   1.スラローム終了
   2.左に寄せる
   3.ウインカー左ON
   4.右左巻込,安全確認
   5.進路変更をする暇が無いので,センターラインのギリギリ手前で左折
   6.右左,安全確認
   7.ウインカー右ON
   8.右折,横断歩道手前で右左,安全確認
   9.右折完了したらすぐにウインカー左ON
  10.巻込確認
  11.クランク突入

 と,首振りまくりのウインカー切替まくりで,ミスやふらつきを誘発しがち。でも,信号が赤だとここは簡単になるんです。5→6の区間で休憩できる訳です。
 だからスムースに通過できればベストなんですけれども,スラロームが終わって交差点に入るまでをゆっくりと行って赤信号を待てば,とても楽になります。


コース2のポイント

 試験の前半での,クランク通過→外周回り→スラローム進入。ベストライダースクールでもここは大事だよと言ってくれましたがFZXに馴れるまで,なかなかマネが出来なかった。

1.外周の左カーブを小回り
2.曲がり終わったらウインカー左ON
   3.看板に差し掛かった辺りで巻込,安全確認
4.左折,ハンドルをロックするつもりで小回り
5.すぐに右左,安全確認
6.ウインカー右ON
7.右折,コース左側にぴったり寄せてスラローム進入


コース3のポイント

 試験開始直後の,坂を降りる→クランク→右進路変更→坂を登る。ここが忙しい。
 クランクを抜けた後は一本橋だと思って3秒の時間を稼いでから進路変更。コース1みたいに信号が助けてくれる事もありませんから,100%決めれる様に徹底して練習しておきましょう。


メリハリのつけ方

 ・下り坂は前後ブレーキ掛けてじわじわ降りる
 ・交差点に入る時は減速
 ・進路変更開始時は減速,終了したらすぐに加速
 ・カーブは1速アイドリングでじわじわ曲がる。曲がり終えてバイクが垂直になったら即に加速
 ・見通しの悪い交差点,4輪コースへの出入りは,タンクに伏せて安全確認しつつ最徐行。
 ・40km/h走行区間(外周)は,アクセルをガバッと開けて一気に40km/hまで持っていく


不合格になった時

 試験官に不合格を宣告された時ってのはツライもんです。
チックショ〜〜〜!!!こんのやらぁ〜オレ様の走りのどこがいかんのやぁ〜!です。

 でも落ち込んでいる暇はありません。一体何が悪かったのか,どうやれば良かったのか。試験官の口から全て聞き出すべく頭をフル回転させデカい声だして問い詰めます。

 指摘された事は素直に認め口答えしない。今もまだ,人格を試験されていると思って。試験官は5人体制ですから,次回の受験時にも同じ試験官が当たる確率は20%。悪いイメージを与えるのは自分の首を絞める事になりそう。

 次に試験を受ける時には二度と同じことを言わさない様に修行有るのみ!。そして最後には「合格です」と言わせてやりましょ!。


安全確認の順番

 人によりますが,場所によって安全確認の順番が違っている事が有ります。
   踏み切り通過後の左カーブは,右→左→巻込
   4輪コースの左カーブは,  左→右→巻込
 てなもんで。
 ロスマンズおやじのアシスタントに尋ねると,「右→左→巻込」が正解との事。左側通行が根拠の様。車は右からやってくるって。
 ロスマンズおやじというのは私が勝手につけたアダ名で,いつもロスマンズのジャージを来て試験場にやってくるんですわ。3万ぐらいで合格するまで面倒見てくれるプロのコーチです。このアシスタント兄ちゃん「3ヶ月有ればどんな人でも限定解除させてあげるよ」と言っておりました。ワタシも20回ぐらい不合格を食らったらお世話になろうと思ってたけど連絡先を聞くの忘れた…。まぁ日曜の午後に免許センターに行けば会えます。


いろんな言葉(riding sport誌のマネ)

 「何考えてるんだ。そんなんで合格する訳無いだろう!」
    今から試験コースを覚えます,と言った初受験の若者にキレた試験官

 「課題走行が出来る様になってから来てね」
    クランクを直進して半泣きの私を慰めるかの如く優しい口調だが,言ってる事はキツイ試験官

 「安全確認が2ヶ所出来てない。あと,進路変更が遅すぎる」
 「どこで出来ていませんでした?」
 「自分で考えろ」
    余計な事は一切喋らない試験官

 「筆記用具を忘れた?。下の売店で売ってるから急いで買ってきなさい」
    商売上手な試験官。免停講習のときは貸してくれるのにね。
    レンタル料金は講習料で徴収済みか!?

 「急制動では無理をしなくても良いです。ゆっくり急制動してください」
    雨中の急制動で3台の試験車を転倒させられて,アセる試験官。

 「オマエみたいなヤツはもうこんでいい!」
    センターラインを越えた・越えないで,ガキンチョの喧嘩レベルな
    言い争いを受験者と繰り広げた試験官が最後に言った言葉

 「10回20回はあたりまえ。まだ5回目だろアンタ。甘い甘い」
    5回目の不合格を食らってグロッキー状態の心を救ってくれた車庫のオヤジ







画面上へ 
当サイトの内容は全てフィクションです。内容に関して一切の責任を負いません。
当サイトに掲載の文章・写真の無断転載/著作権法に定められた範囲を超える引用を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ブログ  楽天 ライブドア エキサイト goo はてなダイアリー